水の郷から

 

日本の神話にも登場する、鹿島神宮と香取神宮の間に位置する、千葉県香取市の”十二橋”のあたりで、お米を育てています。ここは、利根川下流域にあたり、水が豊富なため、”水郷”と呼ばれています。

› 詳細はこちら

ヨウエモンのお米

千葉のお米”ふさおとめ”、全国的にも有名な”コシヒカリ”、お餅や炊き込みご飯にもなる”ふさのもち”、そして、無農薬で栄養価の高い”古代米”もあります。

 

› 詳細はこちら

お米が届くまで

› 詳細はこちら

育てている人たち

明治元年から続く農家で、屋号は「大須賀與右衛門」(オオスカヨウエモン)。
家族と世界中の友人たちで、お米を育てています。

› 詳細はこちら

お問い合わせ

Under Construction